CoreServerをAPIでアクセスすると便利

Core Server は結構便利です。低価格で使えるのに、サーバーの性能がいいし、レンタルサーバーとしては珍しい PostgreSQL が使えて、なかなか便利です。

もちろん、SSHによる接続ができるのですが…かなり面倒なことに、管理画面で接続元IPを設定しておく必要があります。しかも、30日で無効化されるので、定期的に更新しないといけません。

(´・ω・`)

ならば、ということで、自動的な接続元IP設定を行ってみます。

 API docにある通り ssh_ip_allow で接続元IPを設定できるようなので、curl でIPを更新します。

以前記事で書いたとおり、curl のバージョンに寄っては http2 で接続しようとしてうまくいかないので、–http1.1 オプションを設定しています。


あとはこれを家の中にある Jenkins で20日おきくらいに実行すれば…
家の中からは、何時でもSSH接続できるようになります!b

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*