PadTools 1.3 リリース

PAD図を書くツールをGitHubに上げてた所、2件ほどPR(Pull Request)を頂いておりました。
せっかくなので、取り込んで、バージョンを 1.2 → 1.3 に上げてみました。

https://naou.cool-ex.com/padtools/

ビルド済みのファイルを入れてしまうという恥ずかしい状態だったので…ついでに、リポジトリ内を少しだけ整理しました。(´・ω・`)

せっかくなので、PadToolsに関して少し余談を…。

PadTool じゃなくて、 PadTools な理由

元々 LogicPad という名前でリリースしていました。機能面は今とほぼ同じです。

内部がだいぶ汚かったので、大規模なリファクタリングを実施したことがあり、
そのときに「PAD図を中心に色々なツールチェインが作れると嬉しいんじゃない?」と思って、PadTools にしました。

結局、関連ツールを作ることもなく、ただの描画ツールに落ちつていているのが現状だったりします(´・ω・`)

…内部的には、変換しやすい設計にしている…つもりなので、要求さえあれば色々実装できそうなんですけどね。
といってもこんなマイナーな記法に要求なんて

 

このツールを作った理由

とある会社に入社して、OJTで社内向けツールを作っていたときのこと…

作っていたツール自体はそこまで品質求められないし、作りもシンプルなものでしたが、
一連の会社の業務を覚える意味で、「メインフレームのアプリ開発かよ」と言わんばかりのガチガチのウォーターフローで開発をしました。

その過程で、詳細設計で、たくさんのPAD図を書く必要に迫られました。

(´・ω・`)「PAD図はなにで書けばいいですか?」
上司「Excelとかパワポとか」
(´・ω・`)「え、設計が変わったら書き直すの大変では…?」
上司「大変でもやるんだよ!」
(´・ω・`)「記述の為のツールとか…」
上司「ない!」

( ゚д゚)マヂデ

数枚ExcelでPAD図を描いてレビューした辺りでもう限界でした。
どう考えても、設計作業より、設計した結果を記述するほうに時間が取られすぎて無駄しか感じませんでした。

( ゚д゚)コンナノヤッテラレルカヨ

とはいえ、代替案は無い…

( ゚д゚)「よろしいならば真正面から突破してやる…」
( ゚д゚)「記述に時間がかかるなら、図の描画をツール化しちゃえ」

というわけで、自宅で、サクッと必要最小限のツールとして作って、それを会社で導入しました。

社外のソフトウェアを利用するには法務部門含むいくつかのチェックを通す必要があったので、ちゃんと利用条件に「業務利用OK!無制限に使えるよ!」 という旨の一文を書いて筋を通すなど、結構頑張った記憶があります…
(今はコードも公開してOSSにしたので、ライセンスが変わっていますが)

個人的にはもう使うシーンがないツールではありますが…
まだPAD図を書く業務がある方にとって、便利なツールであれば嬉しいなぁと思います。( ˘ω˘)

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  

PadTools 1.3 リリース」への2件のコメント

  1. PR取りこんで頂きありがとうございます。

    もう、本当に素晴らしい神ツールを公開して頂き感謝の極みです。
    無かったら私が作らないといけなかったかも知れません(`・д´・ ;)
    カンパしてって言われたら、カンパぐらいしますよ。

    ビルド済みのファイルについては…「git update-index –assume-unchanged」を知るきっかけになりました(笑 

    他には勝手にパーサーとTextViewを改造して部分的に色やフォント、枠線、背景色を変更できるようにしたりしましたが、この辺は雑に作ったのと、俺様仕様なので、PRは避けさせて頂きました。
    (※なおぶろさんはもうお使いでないようですし、要望としては出しません。)

    重ね重ね、素晴らしいツールありがとうございます。

    1. 有用なPRありがとうございます。

      ニッチがゆえに、同じ悩みの人も苦しんでいたらと思って公開していたので、助けになったようで何よりです!
      リファクタリングしてOSS化してよかったです!(リファクタリングする前はそれはもう・・・笑)

      ビルド済みファイルは・・・恥ずかしい限りです・・・!

      また何かみんながHAPPYになれるような機能ができましたらPR頂ければ幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です