Discordの音楽botをDockerでサクッと用意しよう

Discord便利ですよね。オンラインゲームするときや、リモートでもくもく会で使ったりしています。

なんか、BGM流せる何かが欲しいなぁ…と思い始めてきたので、botの作り方を調べていたら…もう作ってる方がいました。GJ。
https://github.com/Just-Some-Bots/MusicBot

下記が上記をビルドしたDocker Imageのようです。

Docker Hub

今回はこちらを立ち上げてみようかと思います。

まずは、Discordでbot登録

Discord開発者ページ でBotを作成して、Tokenを取得してください。
ちなみに、OAuth2 URLを生成する際は、bot権限があればよいです。

「Discord MusicBot」辺りで検索すると、わかりやすい説明が出るので、細かい説明は割愛します。

設定ファイルの作成

上記で Botを作成後得られるTokenを、設定ファイルに書き込んであげます。

デフォルト設定だと、Botを作成したユーザが、MusicBotの管理権限を持ちます。Bot作成者以外が、MusicBotの管理権限をもつ場合は、Tokenに加え、OwnerID の設定が必要です(OwnerIDの調べ方は割愛します)。

ちなみに、設定ファイルの名前がoption.iniからconfig.iniに変わっている?ようです。exampleのファイル名と不一致になっているのは、おそらく修正が間に合っていないのでしょう(2018/3/21現在)。
また、example_permissions.ini がないと、permissions.iniがあったとしても警告が出るようなので、example_permissions.iniを最初に作っておくことにします。

cd (適当なディレクトリ、例: /path/to/musicbot/ )
mkdir config
curl https://raw.githubusercontent.com/Just-Some-Bots/MusicBot/master/config/example_options.ini > config/config.ini
curl https://raw.githubusercontent.com/Just-Some-Bots/MusicBot/master/config/example_permissions.ini > config/example_permissions.ini
cp config/example_permissions.ini config/permissions.ini
vim config/config.ini
# 後は config/config.ini に BotのTokenや(必要あれば)OwnerIDを設定

 

Dockerで起動

ここは docker-compose を使っていきます。

version: "3"
services:
    musicbot:
        image: discordmusicbot/musicbot
        volumes:
            - ./config:/usr/src/musicbot/config
        restart: always

これを作ったら、

docker-compose up

…できました!
docker は楽でいいですね。

 

Spread the love
  •  
  •  
  •  

コメント

タイトルとURLをコピーしました