FreeBSD10(with pkg)でMySQL5.6を捨ててMariaDB10を入れる話

最近、MySQLにオワコン臭がしています。CentOSも7からMySQLがパッケージに含まれなくなってしまいました。

代わりにAPIレベルで互換性を持つMariaDBが台頭しているようです。GoogleもMySQLからMariaDBに移行したそうで、将来有望そうです。

というわけで、開発用のサーバ(FreeBSD10.1)をMariaDBに移行したので備忘録として記録を残します。

pkgを使ってインストールしていきます。そのままインストールすれば、DBを引き継げるのですが、古いデータ構造を残すのは気持ち悪いので、一旦データファイルを削除してリストアしました。

MySQLを利用していたWordPressも問題なく動いてて良い感じです!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です