しばらく書かないと、久しぶりに書きたくなるのがブログ・・・というわけで久しぶりに。

最近、WebIDEに再び興味を持っています。以前、 https://theia-ide.org/ が出始めた頃に、可能性を感じて一時期使っていたのですが、なかなか安定せず利用をあきらめていました。

最近は、大分選択肢が増えたようで、再び検討を進めてみました。

やりたいことは、

  • 自宅のKubernetesにデプロイ
  • いろんな便利なプラグインを使いたい(軽い気持ちでインストール・アンインストールしたい
  • rbenv や pyenv などを使いたい

あたりです。theia も大分安定した感じで、すっきりして使いやすい・・・のですが、拡張のインストールがちょっと面倒なものよう。

VSCode もオンライン対応する話がありますが・・・すでに、VCSCodeをベースにオンライン対応しているモノがありました。
https://github.com/cdr/code-server

実際に自宅で起動している所ですが、素晴らしく VSCode です。反応も良いし、いい感じです。

公開されているコンテナを使っても良いのですが・・・初期設定だとパスワードを求められたり、コンテナが故に、通常のLinuxに含まれるコマンドがターミナルで使えなかったりと不便だったので、codercom/code-server をベースに、自分でイメージ作っちゃいました。

https://github.com/knaou/my-code-server
https://hub.docker.com/repository/docker/knaou/my-code-server

やったことは、

  • unminizime (コンテナ化する際に削減されたパッケージをインストールして、フルセットのUbuntuにするコマンド)
  • ビルド関連のパッケージのインストール
  • 初期設定をパスワード無しに
  • 初回起動時に、anyenv をインストール(pyenv, rbenv, nodenv は一緒にインストール)

あたりを仕込みました。
これだけ立ち上げれば、一通り環境がそろうので、本当に便利です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です