Arch Linux で Ruby 2.2.1 が動かない/ビルドできなくなった件

Ruby2.2.1 で動くアプリケーションを開発していているので、今日も少しコードを書こうかなと思ったら、Rubyが動かない…。

エラーメッセージを見てみると、SSL絡みでおかしくなってました。
今日、Arch Linux のシステムのアップデートをしたので、その影響かなと思って調べてみました。

色々調べてみると、今日アップデートした時に入ったOpenSSLは 3/1にリリースされた OpenSSL1.0.2 でした。それ以前のバージョンは 1.0.1系 でした。
結構大きなバージョン変更です・・・ここが超大きな問題でした。

実は… 1.0.1までは非推奨だったSSLv3系のメソッドが削除されているんです。
これは結構前から予告されてた修正のようです。

・・・それはビルドにも失敗しますよね・・・。
Ruby2.2.1は SSLv3系メソッドを使ってるので、定義がないといって怒られてたってわけです。

無理に Ruby2.2.1を使うなら、別途古いバージョンのOpenSSL1.0.1系を入れる手もありますが…せっかく新しく維持したくてArch Linuxを使ってるのに、わざわざ古いバージョンを入れるのは信念に反します。

というわけで、Ruby2.3.0 を使うようにしますかね。3ヶ月前にリリースされたバージョンですが、こちらは問題なくビルド出来るようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*