LinuxとCygwin/X で作ろう快適Windows開発環境(Hyper-Vも一緒だよ

開発環境の整備は永遠のテーマですね。
特にWindows上で快適な開発環境を整えるのはなかなか骨が折れます…。
いっそ、Mac使えよって話ですが、今回は Hyper-V /Linux/Cygwin を使った開発環境を構築してみました。

20151123_image.jpg

今回試したものは、大雑把に見るとこんな構成です。基本的には、裏でLinuxを動かして、そこでアプリケーションを動かす。そのアプリケーションを、Windows上のX Server で操作するという構成です。
ちなみに、Windows側でFWの設定をするのは面倒なので、SSHのX11 Forwarding を使いました。

結果、いい感じにはなったのですが…Cygwin/X を使った場合の日本語入力だけがどうもうまくいかない状態です…。
うーん…。

20151123_ss
実際に動いている画面がこのような感じです。
一見すると、全てWindows上の個別のアプリケーションとして動いているように見えますが、IntelliJとFirefox は裏で動いているLinux上で動作しています。

細かい手順は書ききれないので、大変だった所を書くと、

  • 裏で動くLinux環境の構築
    • Arch Linux をインストール、してAnsible で必要なパッケージをインストール
    • X Server は不要なので、X 関連のパッケージは必要に応じて最低限で。 Firefoxとか入れて起動してみて、エラーメッセージが出れば必要なパッケージを入れる感じで。
    • (もし X11 Forwarding が無効になっていたら有効にする)
  • Cygwin/X環境の構築
    • apt-cyg を使えるようにする
    • X Server の起動に必要なパッケージをインストール(apt-cyg を導入せず、cygwinのインストーラから入れてもOK)
    • xtermはなくて良いかも(動作確認にしか使ってないので…)
    • 検索しても X11関連全部インストールする…といった手順しかなくて、最低構成を探すのが面倒でした…。
  • アプリケーションの実行
    • XLaunch を起動しておく
    • Cygwin上で接続
      • export DISPLAY=:0.0
      • -Y か -X オプションをつけて Linux に接続( X11 Forwardingを使う)
      • あとは、アプリケーションを実行

Cygwinは気づいたらパッケージ構成変わっていたりするので、大変です…。
使っている人が少ないのか、有益な情報も少ないですね…。

他にもキーボードを日本語配列で使えるようにしたり、日本語&Powerlineの表示ができるようにフォントの設定をしたりと色々やった気がしますが…。
需要ありそうならそのうち書くかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*