ArchInstaller を GitHub で公開

GitHubに、プロジェクト [Arch-Installer] の登録完了っと。
https://github.com/knaou/arch-installer

これは何かというと、Arch Linux のインストーラです。

Arch Linux を知らない人にはなんのこっちゃって感じですよね…(笑)
Arch Linux はGUI/CUIのインストーラを持たないLinuxで、インストール作業はすべてコマンドラインから行う必要があります。インストーラに縛られずに自由にインストールができる素晴らしいLinux!・・・であると同時に、インストール作業がすでに初心者殺しの玄人向けLinuxです。

パッケージシステムのpacmanが高速で使いやすかったり、(詳細は割愛しますが)OSが常に最新版だったりと、プライベートで使うには実に気持ちが良いLinux なので、これを是非簡潔に使いたい…と思い、インストールスクリプトを自作してみました。

Hyper-V で必要に応じて環境を作って、壊れたら作り直すことを想定してます。なので、

  • Hyper-V 上で Arch-Linux をインストールできる
  • Ansible が動作するところまで楽にもっていける

を必須要件としました。
ただ、Ansibleの動作に必要なパッケージをインストールすることは、「Arch Linux のインストーラ」 に対して責務が過大なので、「追加パッケージを容易にインストールできる設計とする」ことで満たすことにしました。

で、できたのがこちら [https://github.com/knaou/arch-installer] です。

README に書いてるとおり、Ansibleでセットアップを可能にするためには、openssh と python2 が必要です。

  1. Hyper-Vで適当な仮想マシン(第一世代)を作成
  2. Arch Linux のインストーラ ISO を使用して Boot
  3. wget でスクリプトをDL
  4. スクリプトを修正し設定を書き込む
    1. ホスト名やrootパスワードを修正
    2. openssh, python2 を追加パッケージに書く
    3. ネットワークの設定を修正
    4. 他必要に応じて
  5. スクリプトを実行
  6. 再起動

これだけでインストール完了!(感動) 本当に何も入ってない環境ができあがります。

あとは、別のマシンから、hostsファイル に セットアップしたマシンのIPを書いて、Cygwin上(もちろん、Ansibleインストール済み)から

と叩いてあげると動きます!
ちなみに、「-e “ansible_python_interpreter=python2” 」は Ansible で ArchLinux に対してインストールを行うために必要な設定です(ArchLinuxのPython2 のコマンド名が pythonでは無いためにこのように設定が必要です)。 また、 WindowsのCygwin だと、デフォルトの SSH接続が失敗してしまうので、「-c paramiko」 を指定しています。

 

“ArchInstaller を GitHub で公開” への1件の返信

  1. ピンバック: Cygwin/X で作ろう快適Windows開発環境(Hyper-Vも一緒だよ | なおぶろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*