ETロボコン2015(南関東地区大会)終了。結果は残念ながら入賞ならず。

http://www.etrobo.jp/2015/
ETロボコン(南関東地区大会)終了!
アドバンスドで参加しました。入賞なりませんでしたが、やることはやれたかなーと思います。一応それなりの確率で全難所クリアができる状態まで持って行ったのですが、確率的な要素(段差で跳ねたり…)が十分にカバーできておらず、L,R両方共最後の難所までたどり着いてそこでコースアウトとなりました。
LとRのコースがあるのですが、意図的にコースアウトさせて難所を回避したチームしかゴールできませんでした。Lコースの難所(仕様未確定エリア2)に至っては、そのエリアに足を踏み入れたチームは、自分のチームだけでした(笑)
知らない人には簡単に見えるけど、実は結構難しいモノなんです。

全国には行けなかったので、ぜひ、全国行きのチームには頑張って欲しいです。「南関東地区つえええ!」と言われるように!

この大会、競技だけではなくモデル図を提出し、それも採点対象となります。今回、ハードウェアの苦手な部分は、ソフトウェアでカバーするという趣向のもと、「勝てるアーキテクチャ」を考えて、それをモデル図に書いてみました。過去のモデル図をみると、だいたい詳細な設計は書かれていても、アーキテクチャーが書かれたモノは見当たらなかったので、どう評価されるか賭けでした。結果…アーキテクチャ以外の部分含めて、点数としては可もなく不可もなく(よーは中間くらい)といった感じでした。

ただ、大会当日に、大会運営側のコメントとともにモデル図が掲示されるのですが、そのモデル図についたコメント数だけは圧倒的でした(笑)
他チームが、A4用紙 1/4 ~ 3/4(半ページ前後) に対して、ウチのチームだけは 7/4(1ページ半) ありました。
内容を見ると、純粋にモデル図から読み取れる情報に矛盾があるといったものから、今回の設計に対する指摘・コメントまでたくさんありました。
他のモデル図をみると。何かしら工夫のあるものや、考えさせられるものに多くのコメントが付いているようでした。逆に、過去のモデル図と似たようなあまりコメントがありませんでした(ひどいものは当たり障りないコメント2,3行だけ)。その点では、賛否両方の面でたくさんのコメントを頂けたということは、それなりに議論の対象になり得たということで、良かったのかなと思ってます。
だいぶ、凡ミスもあったし、意図を説明できていなかった部分があるので、そこに関しては猛省ですね。

ただ、一点物足りないのは、実装を見てくれないことですね。
「これ性能大丈夫?」とか「実現可能性がry」とか「この仕組みで目的が達成できたとは思えない」みたいな話がモデル図のコメントや全体説明時にありました。自分たちのモデル図に関していえば、(構造に影響しない程度の細かい変更はありますが)実際にモデル図通りに作って、性能出してるし、実現してるし、目的も達成しています。大会で走ったコードは、まさにモデル図として提出したアーキテクチャーで動いてます。実際に、プログラムの構造を共有するときに、提出したモデル図を使ったくらい、実装と一致しています。結構現実的な設計だったのですが、モデル図の情報量不足もあり、伝わってないと思われます。
実現性なんて、実装とその動きを見れば一発なので実装を見るべきだとは思うのですが、残念ながら、実装は評価対象外なんです(´・ω・`) 
(もちろん、モデル図で妥当性を伝えきるのがBESTですが…紙面があまりにも足りません。。。)

個人的には「実現可能性」なんかより「実現したか」の方が、定量的でかつ評価者のスキルに依存しないいい指標だと思うんですけどね…。実際にモノを走らせる大会なんだから、そこまでやった方が厳格で良いと思っていますが、実際そこまでやっちゃうと、ある程度専門の人間じゃないと手が出なくなるので、ETロボコンの対象(学生~若手技術者)を考えると、実装見るのはやり過ぎな気もします。

総括としては、楽しかったですね!入賞こそありませんでしたが、競技では、難しい難所も回避せず挑んだし、モデル図でもそれなりに見てもらえるものが出せたと思ってます。
全国大会が楽しみですね。全国大会は近場であるので是非見に行こうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*